ある物体が熱い・冷たいという主観的な感覚を、その度合いを含め客観的・定量的に表して人に伝えたい、という要求は古くからありました。

現在用いられている多くの温度計は、物体の持つ熱エネルギーがその物体に接する他の物体に伝わる性質を利用したもので、接触型温度計とよばれています。


接触型温度計の原形を作ったのは、イタリアの物理学者ガリレオ・ガリレイで、この温度計は温度変化による空気の膨張・収縮を利用したものでした。その後、さまざまな改良が行われ、現在はアルコールや水銀を用いた温度計が一般的に知られていますが、その測定原理は大きくは変わっていません。


ところが、1800年にイギリスの天文学者ハーシェルによって赤外線が発見され、その後の研究で、次第に高性能の赤外線センサがつくられるようになりました。


そしてこれらの赤外線センサを利用して、従来の温度計とはまったく異なる非接触温度計が誕生したのです。


非接触温度計は、被測定物の表面から放出される赤外線放射エネルギーを赤外線センサを用いて計測し、被測定物の温度をはかります。このため、被測定物に接触させずに、その物体の表面温度をはかることができます。


真夏の野外に出ると、顔に直射日光の暑さを感じます。これは太陽からの放射される様々な光線のうち「赤外線エネルギー」を皮膚が感知しているからです。同様に、人の手も 机も 機械でも 全ての物体の表面からその温度に比例した赤外線エネルギーを放射しています。非接触温度計は、この赤外線エネルギーを利用しています。赤外線 温度計ですので、通常に『放射温度計』を呼ばれます。


放射温度計


 


非接触温度計はなんでも測れるか?


実は、非接触温度計は固体、液体の物体表面温度が測れますが、気体の温度は測定できません!

この原理で非接触 体温計も作られました。体温を保った血液が額の側頭動脈を流れる時、体温に相当する赤外線が発生しますから、非接触 体温計 おでこでこの赤外線より体温が測定できます。


 


放射率とは?


物体から放射される赤外線エネルギーの量は、その物体の表面状態(材質)によって異なり ます。その物体の持つエネルギーを 100 とすると、そのうち何%放射するかを表した値が放射率です。放射率は赤外線を放射しやすい材質の物体(表面に光沢のないもの)ほど高い数値になり、放射しにくい物(表面がピカピカした金属等)ほど低い数値になります。


 


放射温度計のレーザ光は人体に危険ですか?


ほとんどの放射温度計に使用されるレーザ光のレベルはクラス2です。

「クラス2のレーザ光」と「クラス1のレーザ光」皮膚、製品に対して傷害を与えません。でも、目に入りますと嫌悪感を感じますので、レーザ光を絶対に目に入れないように注意してください。



現在、非接触 体温計は色々なシーンで活躍しています。ここで非接触型の赤外線 体温計の様々な利用シーンをご紹介します。


ご家庭で


1. 子供の熱を計る

子供の熱を計るのはしばしば大変です。

熱を計ろうとすると嫌がったり、ずっとじっとしていられなかったり。

そんなときにこの非接触体温計 おでこに向けスタートボタンを押せば、ピッと数秒で検温ができます。とっても便利ですので、非接触体温計も赤ちゃん 体温計と呼ばれます。

2. 忙しい朝に熱かなと思ったら

登校や出勤の支度で数分の時間もとれない、そんな忙しい朝に、ちょっとダルるい熱かな?と思ったら、 非接触体温計でピッと手軽に検温。

コンパクトで軽量なので、持ち運びにも便利です。


病院医療機関で


1. 患者さんを効率的に短時間で検温

病院・医療機関では、患者さんの数が多くなると、一人一人の検温作業も非常に大変です。

この非接触体温計なら検温時間わずか2秒以内なので、早く多くの患者さんの検温ができます。

もちろん精度も抜群。

子供や高齢者など、検温を嫌がったり、検温中にじっとしていられない患者さんの検温にも最適です。

2. 感染症対策に

非接触で検温ができる非接触体温計は、感染症対策にも有効です。

患者さんに触れる必要がないため、清潔で安全な検温ができます。

3. 患者さんとのコミュニケーションの円滑化に

検温を嫌がる患者さんを無理に検温したりする必要がないため、笑顔で言葉を交わしながら検温ができます。

新しいものを見た患者さんからの質問を受けて、会話が弾むこともあるでしょう。

先進的な医療器具を備えているという安心感を与えることもできます。


幼稚園保育園で


1. 愚図かる子供の検温に検温

子供は検温しようとすると愚図かるもの。

せっかく検温したと思っても、じっとしていられず、結局正確な温度が計れないこともしばしばです。

そんな子供にもこの非接触体温計なら一瞬で検温ができます。

新しくておしゃれな器具なので、子供のほうから検温をおねだりしてくるかもしれません。

2. 検温時間の短縮に

幼稚園・保育園のたくさんの子供を一人ずつ検温していくのは大変です。

そんなときにこの非接触体温計 おでこに向け測定ボタンを押せば、ピッと検温完了します。一人2秒以内で素早く検温できます。やっぱり赤ちゃん 体温計として最高です!


会社や事務所で


1. スタッフの健康管理に

スタッフの中には、ちょっと熱があっても、無理して出社してしまう人もいます。 無理して出てきて、みんなに風邪をうつしてしまったら、かえって業務効率が落ちてしまうことも。 ちょっと熱っぽいスタッフの熱を簡単に測るときには非接触体温計が便利です。

2. 経費の節減に

接触型の体温計をみんなで使いまわすと、時間がかかります。使いまわされた体温計を使うのを嫌がる人もいます。 かといって、何本も体温計を購入すると、経費がかさみます。非接触体温計なら、一本でみんなの体温を短時間で測れます。


2017/11/21(火) 20:31 子育て PERMALINK COM(0) TB(0)

体温は、腋下(わきの下)、舌下、耳、肛門など人により測定部位は違います。中でも腋下(わきの下)で測定している人が多いのではないでしょうか。

また、以前は水銀体温計が主流でしたが、最近は測定時間の短い電子体温計と非接触 体温計が使われることが多いようです。





では、体温はどこで測るのが一番正確なのでしょうか?





体全体の体温の平均が腋の下で測るものとほぼ同じものなので、腋下(わきの下)で測るのが一番正確なのではないでしょうか。





また、体温計によって体温が異なるのは、測定する部位の違いや、体温計の機能の違いによるものです。

例えば、腋下は耳の中に比べれば外気の影響を受けやすいですし、耳式体温計は測り方によって誤差が出やすい面があります。また、短時間で測れる予測式の電子体温計は、予測値を計算して表示するため、10分以上測る水銀体温計や実測モードの電子体温計とはある程度の差は出るものです。





どの部位で測定しても、またいずれの体温計を使っても、正しい使い方で測定する限り正確といえるでしょう。


平熱には個人差があります。日頃から自分の平熱を知っておくことが大切です。





平熱を知るには、起床時、午前8~10時の間、午後2~4時の間、午後8時以降の計4回測定し、その平均が平熱と言われています。





平熱にも個人差があり、運動、時間、気温、食事、睡眠、女性の性周期、感情の変化に合わせて変動しています。赤ちゃんはやや高く、お年寄りはやや低めです。さらに朝起きたばかりの時は低く、夕方になるとやや高くなる傾向があります。また、運動した後や入浴後も高くなります。赤ちゃんや子供は脇式の赤ちゃん 体温計が嫌がる場合、赤外線体温計ような赤ちゃん 体温計を使ってみましょう。



通常、「熱がある」状態とは、平熱より1度以上高いときのことをいいます。


検温で大切なのは、毎回同じ体温計で同じ部位の体温を測ることです。


ある時は水銀体温計を使い、ある時は体温計 おでこ で体温を測るというのではなく、常に同じ体温計で測ればどれを使っても構いませんし、その体温計での正確な体温の情報が得られます。


2017/11/16(木) 16:11 子育て PERMALINK COM(0) TB(0)

赤ちゃん 体温計には大きく分けて、おでこ、耳、わきの下の三箇所に使えるものがあります。



それぞれの体温計 正確性が違いますが場所によって使用法が多少変わってきます。


脇の下用の体温計



赤ちゃん 体温計

赤ちゃんの正確な平熱温度を測るという事は重要です。

正確な体温を測るにはやはり「脇の下」に使う体温計が良いでしょう。

脇の下で腕で挟んで測定することによって

測定部分の温度変化の影響がすくなくなります。

何度か脇の下用の体温計で測る事により

赤ちゃんの平熱を把握するようにして下さい。


脇の下用の体温計は

・体調が悪そうな時など

・平熱を調べたい時など

以上のような正確な体温を測るのに適しています。


※正確な体温を測れる脇の下用ですが

赤ちゃんを測定時間中じっとさせているのが難しい点もあります。


おでこ 体温計


赤ちゃん 体温計

赤ちゃんは、体の免疫が少ないため熱を出す事が良くあります。

また、平熱も把握しにくいため普段から頻繁に体温を測る必要があります。

おでこ 体温計は、非接触 体温計ですので、

服を脱がすことなく簡単に体温を測る事ができ、

頻繁に赤ちゃんの体温を知りたい時に便利です。


おでこ で 測る 体温計

・服を脱がさず簡単に測りたい

・赤ちゃんの体温を頻繁に測りたい

以上のような場合に、とても役に立つタイプです。


体温計 おでこで体温を測定する場合に、測定部分が空気に触れたりするタイプの為、

わきの下ように比べると正確性が劣ります。


耳用の体温計



赤ちゃん 体温計

耳用の体温計もおでこ用と似ていて

短時間で測定するのにむいているタイプです。

なお、耳穴に入れるタイプと、非接触のタイプ(新型)があります。

おでこ用と違うのは、

鼓膜部分から出ている赤外線をセンサーで測って体温を表示する点です。

ですが、おでこ用と同じで、とても短時間で測定でき

赤ちゃんが嫌がらる時間も短縮し、頻繁に調べる事ができます。


耳用の体温計は

・服を脱がさず簡単に測りたい

・赤ちゃんの体温を頻繁に測りたい

以上のような時に役立ちます。


※耳の形などが大きく影響するため

脇の下用に比べると正確な体温を測る事はできません。


体温計3タイプのまとめ


3つのタイプの体温計の特徴をご紹介させて頂きました。

この3つのタイプを知る事でわかって頂けたと思いますが

できれば、脇の下タイプ +(おでこ用か、耳用)の2つがあればベストです!


脇の下用で月1でも良いので平熱を測っておき

普段はおでこ用などで頻繁に診てあげるのが良い流れといえます。

もし、おでこ用などで「あれ?」と思ったら

脇の下用で再度診てあげるようにして下さい。


2017/11/15(水) 19:01 子育て PERMALINK COM(0) TB(0)

聞いた事がある方は多いと思いますが、子どもの体温はやや高めです。


日本人の体温の平均は、36度ちょっとと言われていますが、赤ちゃんや幼児にいたっては37度以上は当たり前です。


人によっては37度以上は熱が出ている状態だと認識している人も少なくは無いと思います。


成長が活発ですので体温が高めだと考えて頂いて結構ですが、体温調節うまくできていない為、普段の生活、時間帯でも体温が高めになっているという事も知識として覚えておくと良いでしょう。


加えて、高熱が出るような病気になっていなくても、時間、成長過程、運動やお風呂の後になど、突然に体温の上昇が見られる場合もあります。


非接触 体温計であろうと、脇式の体温計であろうと、やはり赤ちゃん 体温計を使う時、以上の状況をご注意する必要があります。


こういった状況で、赤ちゃんの平熱を把握する事は困難ですが、おおよその平熱は判断する事ができますので時間を決めて定期的に体温計 赤ちゃんの体温を測るように心掛けて下さい。


家庭内で定期的に体温計で体温をチェックする事ができれば、子どもの健康管理の助けとなってくれるはずです。やはり、成長していくうえで大切な時期ですし、子供の為にできる限りの準備はしておくべきだと思います。


突然の高熱でもすぐ体温を測って上げれるように是非準備しておいてくださいね!^^


2017/11/13(月) 17:25 子育て PERMALINK COM(0) TB(0)

体温計で人の体温を測る場所はいろいろありますが、


直腸温>口腔温>腋窩(脇の下で測る)>耳 という順番で正確性がわかる


ですから、肛門で体温を測るのが一番正確になるというワケです。


赤ちゃんの場合→肛門も口内も測定が難しいので、脇の下で測定するタイプの体温計がベター

ということになります。耳で測定する赤ちゃん 体温計も販売されていますが、正しく測定されない場合が多いので、あえて赤ちゃん用を買うことはないと思います。


周りのママさんのなかには、耳式を買ったけど正しく測れていないので結局違うものを買った

という声が少なくありませんでした。実際に

耳の中で測定する体温計は



  • 耳が汚れている

  • 耳垢がたまっている


上記の状態だと、正しく計測されなくなります。

正確性に欠けるのはやはり心配ですね。ですので、大人用の脇式の体温計が家にあるなら、それで十分でしょう。


子供が体温計を嫌がる場合


新生児のころなら、測定しやすいかもしれませんが、月齢がたつと体温計を測るのを嫌がるようになりますね。


しかし病院や検診では、ほとんど脇で測定する体温計を使うことになります。家で慣れさせておくと、クリニックでもスムーズに測定できますよ。赤ちゃんや子供が嫌がる場合、赤外線体温計を使ってみましょう。


非接触 体温計でで肌に触れず安全で清潔です。しかも、おでこ で 測る 体温計ですから、赤ちゃんの額に向けて、測定ボタンを押すだけで、体温が本体画面に表示されます。



寝ているお子さんに直接触れずに、起こすことなく体温が計れるのが、赤外線 体温計。LERVINGから販売されています。


2017/11/11(土) 19:07 子育て PERMALINK COM(0) TB(0)